加齢によるたるみ対策

年齢肌の目元ケア

目の下に黒クマが目立ち始めたと悩んでいる方は、その黒クマの正体はたるみによるものです。 目の周りというのは皮膚がとてもデリケートで薄いので、しわやたるみなどが起こりやすいぶぶんです。 加齢によって脂肪も付きやすくなり、肌のコラーゲンなどが減少してしまって、脂肪や皮膚などを支えきれなくなって、たるんでしまいます。 それが影のように黒くクマのように目立つことから、黒クマと呼ばれることもあります。 年齢肌の目元は乾燥やコラーゲン不足になっているので、目元専用化粧品でこれらを補給してあげるのがよいでしょう。 エイジングケア化粧品なら基本的に高保湿ですので、保湿不足を心配することもありません。 また、有効成分にコラーゲンを増やす成分が配合されているものを使って、集中ケアしてふっくらとした目元になりましょう。

頬のたるみ対策

女性も年齢を重ねてくると肌に様々な悩みが増えてきます。 頬のたるみもその一つで、肌のハリや弾力を司っているコラーゲンやエラスチンが少なくなってしまって、皮膚などを支えることができなくなってたるみが生じます。 コラーゲンそのものを化粧品で補うよりも、コラーゲンを生み出す細胞を活性化させてあげると効果的です。 それが肌の奥にある繊維芽細胞というもので、コラーゲンやエラスチンなどのハリ物質を生み出しています。 ビタミンC誘導体やレチノール、ナイアシンなどは、繊維芽細胞を活性化するのに役立つ成分なので、これらが配合されている化粧品でケアすることで、肌のリフトアップが可能になります。 肌の土台が元気になってハリをもたらしてくれるので、たるみやしわ対策としては有効です。